現在の位置: ホーム > 健康なニュース > ビタミン > ビタミンと健康

ビタミンと健康

 新学期を迎え、新たに社会人としての第1歩を踏みだされる方や、大学に入学して親元を離れ、1人で下宿生活を始める方なども多いと思います。新しい生活に入るとストレスがたまったり、解放感から食生活が乱れたりしがちです。ビタミンは13種類あって、種類によって食品での含まれ方が違っています。そこでまず、食生活が乱れないようにいろいろな食品を幅広く食べて、ビタミンが不足しないように気をつけたいものです。ビタミンには栄養素としての働き(不足すると欠乏症を起こす)のほかに、健康を守る働きがあります。このようなビタミンの働きについてお話しましょう。
 もともとビタミンは微量栄養素の1つで不足すると欠乏症を起こしますが、ビタミンの種類によっては必要量の10倍とか、50倍といったたくさんの量をとると、成人病やガンを予防する働きがあることが最近の研究で分かってきました。私たちが呼吸している酸素が必要なことはだれでも知っていますが、この酸素の仲間で悪い働きをする酸素(コレステロールと同じで悪玉酸素と呼んでもいいかもしれません)がからだの中でいつも少しずつ作られていて、長い間に成人病などの病気の原因になることがはっきりしてきたからです。
 この悪玉酸素の働きを防ぐために、私たちのからだは防衛機能を持っています。この防衛機能の1部を担っているのがビタミンC、ビタミンE、ベータ・カロテンなどです。これらは悪玉酸素をやっつける働きをしているので、抗酸化ビタミンと呼ばれています。このような抗酸化ビタミンが効率よく働くためには1日にビタミンCなら500mg、ビタミンEなら100mg、ベータ・カロテンなら6mgぐらいは必要といわれています。動脈硬化や心臓疾患、老化にも悪玉酸素が絡んでいることが分かってきたからです。さてもう1つのビタミンの話題は老人、特に女性に多い骨粗鬆症(こつそしょうしょう)です。これにはカルシウムや運動も関係していますが、ビタミンも関係しています。
 特に注目されているのが、ビタミンDとビタミンKの2つです。ビタミンKは納豆に多く含まれていて、骨粗鬆症の治療に好成績を挙げることがはっきりしてきました。ある程度の高齢になったら1日1回納豆を食べて、ビタミンKの補給を忘れないようにしましょう。
 なお副作用のあるビタミンもあるので素人のビタミン剤多用はご注意。

中国漢方通販:  www.levitramall.com   2008-04-23
レビトラ levitra 20mg x 4錠
レビトラ levitra 20mg x 4錠
販売価格 : 1500円 (税込)
レビトラ(Levitra)はバイアグラの欠点を解消するさまざまなメリットを持っており、世界100ヶ国...
レビトラ levitra 20mg x 30錠
レビトラ levitra 20mg x 30錠
販売価格 : 8000円 (税込)
レビトラ(levitra)は、日本においては、ED治療薬として世界的に有名な,ED治療,勃起不全,精...