現在の位置: ホーム > 健康なニュース > 栄養・食生活 > 栄養表示基準制度

栄養表示基準制度

この制度は1996年5月に改正施行された栄養改善法17条の規定によって、食品に含まれる栄養成分の量を表示する制度です。
 この制度は、販売する加工食品などに栄養成分・熱量について何らかの表示を行う場合に、次の事項を義務づけるものです。

①  目的とする栄養成分・熱量だけでなく、国民の栄養上重要な栄養成分・熱量についても表示する。
②  その表示が、一定の栄養成分または熱量などについて、多く含むとか少ないとか表示する場合には、その量が定められている基準を満していること。

 この制度によって食品のラベルなどに表示しなければならない栄養成分は、熱量、たんぱく質、脂質、糖質、ナトリウムおよび表示しようとする栄養成分です。
 表示した場合にその量を示さなければならない栄養成分は上記の他、炭水化物、カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、ビタミンA・B1・B2・B6・B12・C・D・E・K、ナイアシン、葉酸です。
 国民の三大死因であるがん、心疾患、脳血管障害をはじめ、、高血圧、糖尿病、骨疾患、痛風、高脂血症など、多くの国民を苦しめている疾病の発生要因が食生活・食品選択摂取の不適切さを背景としていることが明らかになっていることなどを背景として、多くの人々が各種食品の栄養成分量などを知りたいという希望が高まっていることなどから、この制度が導入されました。

中国漢方通販:  www.levitramall.com   2008-04-22
レビトラ levitra 20mg x 4錠
レビトラ levitra 20mg x 4錠
販売価格 : 1500円 (税込)
レビトラ(Levitra)はバイアグラの欠点を解消するさまざまなメリットを持っており、世界100ヶ国...
レビトラ levitra 20mg x 30錠
レビトラ levitra 20mg x 30錠
販売価格 : 8000円 (税込)
レビトラ(levitra)は、日本においては、ED治療薬として世界的に有名な,ED治療,勃起不全,精...